ドアーを叩いた君が笑う。
last entry category archives profile
comment link touch!
 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
books
e!さんの読書メーター
  admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.03 Tuesday -

ラン・ララン口ずさむ。


+ 『刀語 第七話−第九話』

西尾維新は西尾維新で西尾維新だ。段段、飽きてくるような気がする。でもまあ、ここまで読んだのだから最後まで読み通すんだろうなあ。軽い諦めと馴れ合いで読み続ける。相変わらず、いかに斜め上をゆくか、しか意図されてないんじゃあないかと思うようなおはなしばかり。
刀語シリーズよりも、魔法少女りすかシリーズのほうが気になっている。はやく続きがでないものかしらん。


+ 『羊をめぐる冒険 上・下』

昔読んで、ストーリとか殆ど覚えていなかったので再読。羊男とか、ジェイとか、鼠、とか、固有名詞はそれなりに覚えていたのに、読み始めるまでどんな話だったか輪郭すら出てこなかった。さすがに、15頁目くらいでおぼろげに、手触りとかは思い出せたけれど。
個人的に、村上小説はファンタジー要素がないほうが素敵だとおもう。だから『国境の−』が好き。


+ 『ダンス・ダンス・ダンス 上・下』

あ、五反田くんだ。あ、ピニャコラーダ。あ、そうだそうだ、こんな感じだ。デジャヴじゃあないのだけれど、やっぱりかつて二度ほど読んだことがある本のせいか、なんとなく腑に落ち続ける。目の前は見えないのだけれど、正面からすこしでも後ろにずれた世界は全部既知のもので、見えない世界も予感に満ちているような。
それはそれで、嫌いじゃないから何度も同じ本が読めるのだろうな。


*

ふつかで、七冊?まあそんなにたいした量じゃないか。
でも、村上春樹を続けて四冊読むと、さすがに疲れる。


2009.02.22 Sunday comments(0)

スポンサーサイト

2009.11.03 Tuesday -

comment...



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.