ドアーを叩いた君が笑う。
last entry category archives profile
comment link touch!
 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
books
e!さんの読書メーター
  admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.03 Tuesday -

回転木馬のワルツ


+ 『世界でいちばん淋しい遊園地』

遊園地、が無性に好き。ねずみの国は好きじゃあないのだけれど(ひとが多すぎる)、地元にあったちいさい遊園地とか、ほんとう好き。ルナパアク、なんて名前に変わっちゃったんだよなあ。いくら萩原朔太郎の地元だといえ、その名称は如何なんだろう。あ、ずれた。
閉園間近の遊園地をめぐる群像劇?当たり障りのない、かるい小説だなあ。表紙が素敵。べつに世界でいちばん淋しいわけでもなかろうに、と思いながら読了。


+ 『忘れ雪』

白冬樹。結構えぐいこと書くひとのイメージが『吐きたいほど愛してる』のせいか、強くなっていたのだけれど、これはそんなこともなく。文章自体が奇麗な作家さんだけに、白冬樹の作品全部おんなじトーンで記憶されちゃう感じ。この本自体、安易っちゃあ安易。そうして救いがない、ようなある、ような。うーん、微妙だったなあ。なんか、きれいにまとめたな、って印象が先立つ。



+ 『空中ブランコ』

そんなこんなで奥田二作目。あれーって思うほど面白かった。なんでだろう。『ララピポ』は受け付けなかったのになあ。キャラクタ達がみんな面白い。先端恐怖症のやくざ、なんて設定が素晴らしい、と思う。落ちのつけかたも妙に可愛らしくてこれが一等面白かったなあ。
たしか、もう一冊このシリーズ出てるはずなので、それも読んでみよう。



2009.02.19 Thursday comments(0)

スポンサーサイト

2009.11.03 Tuesday -

comment...



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.