ドアーを叩いた君が笑う。
last entry category archives profile
comment link touch!
 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
books
e!さんの読書メーター
  admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.03 Tuesday -

物語消費量。

 
+ 『カラーパープル』

松浦理英子が、なにかで言及していて、ずっと読みたいと思っていた一冊。たまたま見かけたので読んでみたら予想以上に興味深い内容だったな。黒人問題がメイン。サブで同性愛。こう云う取り扱いって日本の物語じゃあけして生まれないから、やっぱり人種や宗教の問題の中に生きているひとが書いた文章を読むのも面白いとおもう。


+ 『遠い山なみの光』

カズオイシグロ作品でもしかしたら日本がもっとも色濃く描かれているやも。すごく断片的と云うか散文的な本なんだけど、でも、ひとのグロテスクさ加減なんかはきっちり描かれてて、やっぱりこのひとの本質はこう云うえぐる作品にあるのかしらん。と。全作品読破したいなあ。


+ 『ネジ式ザゼツキー』

御手洗シリーズなのに、助手のなんとかくん、なんだっけ?が、出てなくってちょっと物足りない。あのコンビのイメージ強い。
お話的には相変わらずけれんみたっぷりで語り口調も愉快なんだけどなあ。あのふたりのでこぼこ具合が好きで読んでた部分が大きいな、と自覚。


評価:
アリス ウォーカー,柳沢 由実子

2009.06.29 Monday comments(0)

スポンサーサイト

2009.11.03 Tuesday -

comment...



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.