ドアーを叩いた君が笑う。
last entry category archives profile
comment link touch!
 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
books
e!さんの読書メーター
  admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.03 Tuesday -

収穫たくさん。


+ 『イッツ・オンリー・トーク』

絲山秋子のデビュー作。EDの議員とか、欝のやくざとか、なんかわけのわからないひとびとが、わけのわからない主人公中心にめまぐるしく生きていて、そこからある種のおかしみと、ねじれた哀切、のようなものを否が応にも掬わせられてしまう、そんな小説だった。絶対このひとメンヘラだった過去があるよなあ、となんとなく。だって薬自慢とか、あるある!って笑ってしまう。


+ 『ダーティ・ワーク』

女っぽくないギター弾きの熊井が、けれどレズビアンでなくて、ちゃんと男相手に恋愛したりセックスしたり子どもつくったりしているところが、なんだかとても好いなあ。別々の物語が不意に重なる瞬間とか、交差した5センチ手前が見えてあ、って気づく瞬間にうれしくなれる、そう云う小説は素敵。


+ 『風が強く吹いている』

陸上青春小説!すばらしい。一時期有名だった『一瞬の風になれ』よりも余程好み。徹頭徹尾青春小説王道だから、終わり方も勿論王道なんだけどそれが嫌味ない。どこかのブログで「王道って言うのはああやっぱこうなったか、じゃなくてやっぱこうじゃなくちゃ、って思わせなきゃいけない」みたいなことをこの間読んだのだけれど、まさしく。やっぱりこう終わってくれなきゃ、こう終わってくれてよかった、って思う小説。爽やかだなあ。


2009.04.25 Saturday comments(0)

スポンサーサイト

2009.11.03 Tuesday -

comment...



(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.